親からお金を借りる理由を聞いてみました!

将来の年収アップのため

「勉強するための教材代を貸して欲しい。それがあれば年収がアップするから」

お金持ちになれば幸せになりやすいですし、他人に自慢できるし、お小遣いが期待できて孫の顔を見れる確率も上がります。

最初は疑われるかもしれませんが、真面目な顔をして頼めばきっと信じてくれるのではないでしょうか。

他には事故に遭った、病気かもしれないが病院代がない、という頼み方もあるでしょうがこれはばれやすいです。

今回紹介した頼み方だと年収アップしたか聞かれてももう少し時間がかかると言えば済みます。

母親にいうのがおすすめ

どうしてもブランドのバックがほしいとか、友達の結婚式によばれて衣装を買いたいとかを口実にするとお金を貸してもらいやすいです。

特に女親は、子供がほしいものを持たせてあげたいという気持ちが強いから買いたい物を口実にするのは、おすすめです。

また、運が良ければ買ってもらえることもあります。ほしいと言う気持ちを強く伝えてみましょう。男親は、なかなかお金をだしてくれないから借りるのは、母親がおすすめです。やっぱり子供を一番に考えてくれている母親は、優しいし、お金を出してくれやすいです。お母さんに甘えてみましょう。金額は、控えめにしておきましょう。

学生であれば学費をかしてと伝える

大学生などはこれがある意味で最もわかりやすく、納得しやすい口実であるといえます。教科書代が嵩んだとかそうしたことでよいですから、とにかく学業に使うものである、ということでお金を借りるようにするとよいでしょう。場合によっては貸すということどころからくれるともあるでしょう。

学費というのは事前に支払っていることが殆どではあるわけですが、それでも途中で支払うことになるものや余計にかかってしまう部分というのが大学などではよくありますから、それを一つの口実とするとよいでしょう。

大きな医療費の出費

急に大きな医療費の出費ができたという口実がおすすめです。大学の授業料や家賃など、決まったタイミングに徴収されるものだと、時期を怪しまれやすいです。

一方、医療費は何か不調が訪れたときに突然必要になるものなので、どんなタイミングでお金を借りても怪しまれません。大きな病気というと不審に思われたり、必要以上に心配されて面倒なことになりやすいです。そのため、歯のかみあわせの治療や腰痛の治療など、治らなくてもなんとか日常生活が送れそうな部位の、時間がかかりそうな治療と言っておくのがよいでしょう。

また、あまり心配させないように、お金が必要なくなったらすぐにお金を返すのが良いでしょう。

嘘をついて適当に理由もありだけど。。

後でその事について親から聞かれたら嘘ついた本人は覚えてないといけないので、素直にお金を貸してと親にお願いするのがいいかと思います。

それについてまずはいつ返すかを明確にしておくと親もお金を貸してくれると思います。

次に何に使うかを言った方がいいと思います。言えない方もいるとは思いますけど素直に言った方が心も体も楽になると思います。親も力になってくれるかもしれません。

この2つを真剣に言えば大丈夫かと思います。

親から嫌味など言われるかもしれませんが、そこはぐっとこらえた方が賢明だと思います。

そして最後はありがとうの一言を言いましょう。

短い期間であれば銀行のカードと通帳を一式無くしてしまった

もちろん平日に休みが取れないから銀行に行けない、今会社に言って平日に休みを貰う事お願いしていると言えば良いです。長期間になると厳しいですが、短期間の場合で、いつまでに返済すると言えば大丈夫です。

子供の教育資金がないと親に借りる

理由をきかれたら、子供の教育資金がない、子供にお金がかかってしまって生活費が足りなくなってしまったと言います。

孫を口実にすれば孫が可愛いので親はお金を貸してくれることが分かっているからです。

万が一それでも貸してくれないと言ったら、お金が入ってない銀行の通帳を証拠として見せます。

そして泣きながら消費者金融に借りに行かなくちゃやっていけないと言えば、消費者金融に借金なんてしてほしくないと思っているタイプなので必ず貸してくれます。

泣き落とし作戦です。

孫だけでなく娘の私のことも今でも心配してくれて可愛がってくれている親バカなので、あっさり涙を見せれば貸してくれると思ってます。

学校で使う教材費

突然数万円ぐらいお金が必要になった時にアルバイトでは間に合わない時がどうしてもあります。

そんな時は絶対に必要なお金だとアピールします。今週中にお金が必要とアピールするのですが、効果が1番あるのは学校関係で使う教材費と言うことです。

大学生だと、とにかく教材費一つでも物凄く高いですし、実際に後から必要なものを購入する事が本当に多かったので、言い訳にしやすいです。

この教材費を買わないと作品が作れない、試験の為に楽譜を買わなきゃいけない、後、学校指定の体操服などが破れてしまったから新しいのを買わないといけないなどとお願いすると、親はたいていお金を貸してくれます。

嘘をつくのは罪悪感はありますが、切迫詰まっていた時にはとても有効な手段です。

もしくはきちんと理由を話して毎月分割で返すので貸してくださいとお願いするしかありません。

親も本当に困っていたら、立て替えてくれると思います。

投稿日:

Copyright© 今すぐお金を借りる!借り方を徹底解説! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.