お金を借りる方法

お金を今日中に借りたい!急いでいるんだけど。というあなたにお勧めしたい。
考えるのは近くの銀行?審査はどうなの?金利はどうなの?
お金を借りるなら初めてのことばかりで、不安になるかもしれません。

初心者の方にも安心してお金を借りていただけるように、借りる方法を属性別(学生・無職・主婦)などの方から、既に働いている方(派遣社員・事業主・夜のお仕事をしている方・農家)までおすすめを調べました。

今日中・明日に必要な方

大手の消費者金融業者
『プロミス』
『アコム』
などです。

3日以降でもOKで余裕がある方は

ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
りそな銀行
三井住友銀行

がおすすめです。

それでは1つ1つ詳しくみていきましょう!

今すぐお金が必要!おすすめお金を借りる方法

全国的におすすめできるのがズバリ「プロミス」です。
店舗数も全国のコンビニLawsonの「ロッピー」やセブン銀行と提携しているためお引き出しすることが可能です。

お金を借りるなら銀行?郵便局?

お金を借りるといえば銀行を一番に思いつくと思います。銀行での借入は確かに可能なのですが、利息も、即日借りることができません。

銀行は2018年1月から即日融資が停止になりました。

借り手の情報を警察庁に照会する仕組みを導入するため、審査には最短翌日、最長1週間弱かかるようになってしまいました。

ですので今日明日中にお金が必要というあなたにはプロミスやアコムなどをお勧めします。

金利安いのはどこ?

多くの消費者金融がそれぞれの特徴を活かしたサービスを展開してますが、金利面などの利息に関する部分についてはプロミスが圧倒的にお得です。

無利息期間のキャンペーンを実施している

プロミスでは、初回の借り入れ日から30日間は無利息のキャンペーンを実施しています。1ヶ月以内に返済が可能な場合や他社からの借り換えを考えている場合には、絶対的に有利な条件ですので利用する価値があります。

また、独自のアプリを用意しており、様々な方法でポイントを獲得することができます。貯めたポイント数で、様々な特権をもらうことができます。かなりのポイント数が必要になってきますが、ポイントを利用して無利息期間を手に入れることもできるので、お得感はいっぱいです。

金利が安い

多くの消費者金融の最大金利は18%に設定されています。プロミスの最大金利は17.8%と、他の消費者金融よりも少し低く設定されています。わずかな違いと思われるかもしれませんが、長期間にわたる返済や借り入れの回数が多いと最終返済額に大きな違いが出てきます。

利息を支払うのは少しでも減らした方が無難ですので、わずかな違いと考えることなく積極的に利用した方が良いです。

カードローンでお金を借りる手段も!

最近ではCMでもよく目にしていると思います。プロミスのカードローンはどんな面で良いのか?メリットとデメリットをまとめたいと思います。

プロミス

①借り入れの申し込みがしやすい

借り入れする際に皆さんが悩むのが申し込みの方法です。申し込みの方法は電話、インターネット。店舗の三種類あり選べます。電話は個人情報など細かなことオペレーター話ながら進めていきます。話が苦手だと言う方はインターネットがおすすめです。必要情報はほとんどWeb上で入力していけば良いです。そして店舗ならその両方の良いところが出来ます。登録など店舗にあるパソコンで入力しながらオペレーターと話も出来ますし一番早く確実に審査までいくことが出来ます。

②借入、返済は店舗でもコンビニでも

実際に審査が通って借入が可能になれば早速借りたいと思いますが、借りるということはお金は返さなければなりません。借入=返済と常に結びつけて考える必要があるからです。そこでプロミスは店舗での借入、返済はもちろん手数料が無料で利用できます。営業時間内なら店舗にでの借入、返済の利用がおすすめです。そして

コンビニでも実はプロミスは利用できます。プロミスの店舗の営業時間にどうしてもいけない日もあるでしょうし、そういう時にはコンビニのATMを利用します。手数料が無料のところもありますし、対応がしているかどうかということも利用する際に確認が必要です。

お金借りるのに必要な書類

どの金融機関に申し込みするとしても、「本人確認書類」が必ず必要です。

本人確認書類とは?

必ず現住所が明記されている、個人証明(免許証)

50万円以上お金を借りる方は収入証明が必要

 

職業・雇用形態別のお金を借りるポイント

学生

学生がお金に困る事は多々ありますよね。夏休みの旅行やアルバイトでは追いつかななど、親の仕送りだけでは生活できない時もありますよね。

お友達からお金を借りるのも、上下関係ができてしまうので嫌ですよね。

学生が銀行や、消費者金融でお金を借りれるのは、限度額があり10万円が限度のようです。

10万円以上の借入を希望している場合は、学生ローンを申し込むことをお勧めします。

専業主婦でも借りれる

「レディースローン」など女性向けならどれ申し込みすればいいのか。迷うこともあると思います。総量規制対象外のカードローンなら利用することができます。銀行なら銀行法にのっとって商品を取り扱うことができます。

間違いなく総量規制の対象外になるため主婦でも借りる事が可能です。

アルバイト

アルバイトで働いていたら正社員より不安定なのでお金を借りるれないかもしれないと考えることがあるかもしれません。

しかし、プロミスやアコムでは借入することが可能です。

正社員と比べると、審査の内容が変わることはあるかと思いますがバイトだからといって審査が通らないということはありません。

派遣登録

ニート状態の方も派遣登録するだけでも審査に通るという記事を見かけたことがあるのですがどうなのでしょうか?

派遣会社の方でも手軽に借入することができるのはレイクです。

会社員

会社員がお金を借りるにはどの金融業者がいいのでしょうか。

ハローワークでお金を借りる

失業手当の申請や就職の斡旋や雇用保険などの申請等をするところで基本的には無料で利用できます。

お金借りるマップ

渋谷駅
新宿駅
東京駅
熊本なら

クレジットカードでお金を借りる

エポスカード

エポスカードを既にお持ちの方であれば、お近くのコンビニや銀行ATM・エポスATMですくにお金を借りることが可能です。

①ATMにカードを入れる。
②機械ごとに操作は違ってきますが、「ご融資」や「お借入れ」を選択して借入希望金額等を入力の上、現金を引き出すように借入することができます。

エネオスカード

車を持っている方であれば、ガソリンを安くする目的でもっている方が多いガソリン給油がお得になったりロードサービスまでついているカード!
日本で最も多いガソリンスタンドのエネオスがトヨタファイナンス・三菱UFJニコス発行と提携して発行しています。

申し込み時にはキャッシングの枠は0円のため別途申し込みが必要です。

利率(実質年率)

トヨタファイナンス:17、95%
三菱UFJニコス三菱UFJニコス:14.94~17.94%

エディオンカード

オリコ発行
オリコカード発行のエディオンカードでは、オリコのキャッシング条件に基づいています。限度額10万円から100万円、貸付融資利率(実質年率):15.0%〜18.0%

セディナ発行
セディナ発行のキャッシングは、新規申し込み時には上限50万円まで、(最高利用可能額は200万円)実質年率は18.0%です。

au ウォレット

auで契約されている方用の借入方法です。au WALLETクレジットカードを持っている方であれば、申し込み可能です。
1万円以上で1万円単位でお金を借りることができます。

WEBでお申込み、ATMや支払い口座での受け取りが可能です。

融資利率(実質年率):14.95% ~ 17.95%

tsutayaカードプラス

発行:JCB
TカードプラスとTSUTAYA Wカードでお金を借りることが可能です。

イオン クレジットカード

・ライフカードs

 

会社に電話確認なしでお金借りる方法

キャッシングやローンを組む際、職場への在籍確認や電話確認が必要になってしまうため、家族や職場の人に知られたくないという方は、どうしても抵抗があると思います。

しかし、こういったニーズから在籍確認・電話連絡無しのローンやキャッシングの方法も生まれてきています。

以下に特徴をまとめます。

借りられる額

一般的には10万円~30万円のようですが、一部100万円を超える融資も受けられます。

カードレス

キャッシュカードや契約書発行を行わない、カードレスキャッシュが主流となっています。

ネットで申し込み出来る

ネットでの個人情報入力が必要になりますが、身分証の提示や在籍確認・電話確認なしで利用することが出来ます。

家族・職場にバレにくい

ローン会社・キャッシング業者は細心の注意を払って、万が一電話が掛かってくる場合も知人や友人の振りをして掛けて来るので安心です。

 

投稿日:

Copyright© 今すぐお金を借りる!借り方を徹底解説! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.